女性 尿もれ 20代 改善法

女性の尿もれ

男性に比べて、女性の方が尿もれに悩まされている方が多いと言われています。

 

 

何故、女性の方が尿もれの方が多いと言うと、妊娠出産による影響です。

 

 

妊娠出産をすると、体の体質が変わってしまうでしょう。

 

 

今までは平気だったけれどもトイレを我慢する力が弱まる人もいます。

 

 

また、骨盤の力が弱まり、我慢できずに尿もれになってしまう方も居るでしょう。

 

 

実は、成人女性の3人に一人が尿もれになって経験があると言われています。

 

 

それ程に女性にとって尿もれは身近な物でもあります。

 

 

しかし、出来るだけ改善して行く事が大切でしょう。多少の尿もれは気にならないという女性も多いそうです。

 

 

尿もれと言っても、量によって差がありますよね。

 

 

生理用のナプキンをするだけで防ぐ事が出来る程度の尿もれの方も居ますし、下着を変えるだけでも大丈夫と言う人もいます。

 

 

また、尿もれの治療を受ける事で、9割近い方が尿もれを改善出来ると言われているのです。

 

 

もし、尿もれが気になるようでしたら、普段からナプキンを付ける生活や、医師に相談をして見ても良いでしょう。

 

 

女性はもともと、尿もれになり易い体質だと言われています。骨盤の筋力不足、そして、冷え性になり易いからです。

 

 

尿もれが気になる方は、出来るだけ体を温める様にして、また、骨盤周辺の筋力を高める様に運動をして見てはどうでしょうか。

 

 

特に妊娠出産後の女性は尿もれになり易いので、尿もれ対策が必要だと思います。

 

女性の尿もれ原因

尿もれと言うのは、尿意を感じていないのにふとした衝撃で尿が漏れてしまう事を言います。

 

 

特に、くしゃみや咳をしたとき、重い物を持ち上げた時やスポーツをしたときなど、少しお腹に力が入った時に尿もれが出てしまう方が多いでしょう。

 

 

これは、腹圧性尿失禁と言われています。

 

 

腹圧性尿失禁の原因は、骨盤の筋力不足だと言われています。

 

 

女性骨盤の中には様々な器官が入っています。膀胱、尿道、子宮や直腸等を、骨盤で支えているのです。

 

 

その一番底に有る部分が、骨盤底筋と呼ばれています。

 

 

この部分はただでさえ負担が掛かり易い部分なのですが、年齢や出産のせいで、弱まってしまう事が多いのです。

 

 

だから、高齢女性や出産を経験した女性に尿もれの肩が多いのでしょう。

 

 

骨盤の筋力が弱まり、尿が少しの衝撃で出てしまう事があるのです。

 

 

特に、出産をすると、骨盤底に有る筋肉や靭帯が傷付いてしまう可能性があります。

 

 

そのせいで、尿もれが治らずに悩んでしまう方も多いそうです。

 

 

尿もれが酷い時は、軽い運動をして骨盤を鍛える事や、医師に相談する事で改善すると言われています。

 

 

尿もれに悩んでいる女性は、まずは骨盤対策から初めて見てはどうでしょうか。

 

 

また、他にも便秘が原因で骨盤が緩みやすくなると言われています。

 

 

便秘の時は、どうしても骨盤底に負担が掛かり、そのせいで尿を我慢できる力が弱まってしまうのです。

 

 

加齢による骨盤の緩みも有りますし、女性はどうしても尿もれになりやすいのでしょう。

 

 

女性の尿もれには ⇒ 関口由紀医師の「自分でできる排尿トラブル総合プログラム」

 

あなたにもできる尿もれ改善法

 

 

尿もれは自分自身で改善する事も出来ますし、また、医師に相談する事でより円滑に改善する事も可能なのです。

 

 

まず、自分で出来る改善方法です。骨盤底筋訓練をする事で、尿もれは改善しやすくなるでしょう。

 

 

骨盤付近にしっかりと筋肉を付ける事で、骨盤底筋訓練になり、尿もれに効果があると言われています。

 

 

 

まずは、自分自身で尿の動きを制御している筋肉を見極めます。

 

 

その筋肉を意識して、自分自身で引き締めたり、動かしたり、筋力を鍛える様にすればよいと言われています。

 

 

一日数回でも良いので実践する事で、骨盤底の筋力を鍛える事が出来、尿もれに効果的だと言われています。

 

 

難しいと思った方は、まず排尿中に一度尿の流れを止め、度の筋肉で止めているのかを知りましょう。

 

 

また、他にも自宅で出来る運動はいくつかあります。

 

 

例えば、あおむけになり両足を肩幅程度に開き、そこからゆっくりと骨盤底筋を閉めた状態で上に持ち上げるのです。

 

 

ゆっくりと力を込めて行う事で、筋力を鍛える事が出来るでしょう。

 

 

一日10回程度実践する事で、尿もれに効果があると言われています。

 

 

骨盤底筋を鍛えると、実に7割の方が尿もれを改善出来ると言われているのです。

 

 

また、病院での治療も有ります。手術を行う事も有りますが、基本的には排尿とレーニングや薬物治療で改善する事が多いでしょう。

 

 

しっかりと医師と相談する事で、尿もれは改善する事が可能なのです。多くの方が悩む尿もれですが、治らない病気では有りません。

 

 

女性の尿もれには ⇒ 関口由紀先生の尿もれ改善法